東京オリンピックをみすえて多言語化ホームページをお考えの方に、無料でさらに簡単に作成する方法を紹介します。

 

多言語化のメリット

ホームページを多言語化することにより、多国籍の方にホームページの内容を理解してもらうことができます。

また、多国籍の方をターゲットとしている業種の場合、ぜひとも多言語化に対応しておきたいものです。

 

多言語化の費用

既存のホームページを多言語化する場合、一般的には英語専用のページの作成が必要になります。

ですので、日本語のページから翻訳ボタンを押すことで、その言語のサイトに移動させる必要があります。

つまり、サイトのボリュームが大きければ大きい料金が高くなる可能性が十分考えられます。

 

WordPressプラグインがおすすめ

多言語ホームページを簡単に作成する方法として、Wordpressのプラグインがおすすめです。

WordPressのプラグインはGoogle翻訳を採用していますが、簡単にホームページを多言語化するには一番簡単な方法です。

 

Translator

TranslatorはWordpressを簡単に多言語化できるプラグインです。

英語以外にもGoogle翻訳に適応した言語に翻訳できます。

 

使い方

翻訳プラグイン

 

Translatorは「設定」から入ります。

サイトのメインとなる言語の設定をし、翻訳させたい言語にチェックを入れます。

右上にプレビューが出るので確認できます。

 

ウィジットの設定

翻訳ウィジット設定

翻訳ウィジットの設定をします。

翻訳ウィジットは翻訳するためのボタンです。

どこの場所にどのように表示させるのか?設定できます。

 

タグの挿入

翻訳タグ

 

翻訳を挿入したい場所によりタグを選択し、それぞれの場所に貼り付けます。

 

>ダウンロードはこちら

 

これからサイトを作成する方へ

もしこれから多言語化のホームページを作成する方は、もしよろしければご依頼ください。

試作のサイトも作成しますので、納得していただいたらご契約いただければと思います。