アウトドアブームの中、いまだにキャンプ場でもホームページがないキャンプ場があります。

せっかく宿泊を考えていても情報が無いため選考から漏れてしまうなんてことも多いと思います。

当方では、年間1万円のみで利用者目線のサイトを作成しますので、もしよろしければ最後の問い合わせよりご連絡いただければと思います。

 

キャンプ場選びはネットが主流

誰もがスマホを持つ現在、キャンプ場選びもネットが中心となっています。

以前ならキャンプ場をまとめた情報雑誌なども売れたかもしれませんが、ネットに掲載されている情報量にはかないません。

ですので、まだキャンプ場のホームページをお持ちでない場合には今すぐホームページを作成してください。

 

キャンプ場の規模は関係ない

うちは小さなキャンプ場だからホームページは必要ないと思っている経営者の方、それは間違った考え方です。

本当にキャンプが好きな人は、アウトドアブームが過熱する中、できるだけ人が集まらない場所を探し求めています。

実際、管理人もできるだけ自然豊かで駐車場の様な区切りのない場所でのキャンプを希望しています。

駐車場の様な区切りのあるキャンプ地は家族向けで自由度がありません・・・。

ですから、キャンプ場の規模は関係なく、それぞれのキャンプ場の特色をホームページに掲載することで、その特色を求めているキャンパーさんを受け入れて欲しいと思います。

 

サイトに掲載すべき内容

これからキャンプ場のホームページを作成する方のために掲載すべき内容をまとめてみました。

 

利用料金

キャンプ場は当然ながら利用料金を掲載しましょう。

キャンプ場の場合、トップシーズンや通常営業日など料金が異なる場合があると思いますので、シーズンにより料金が異なることも掲載します。

 

サイト情報

キャンプ

テントの設営できるサイトの情報も写真入りで紹介しましょう。

できれば広さやテント、タープの設営目安などもあると持参するテント選びなど参考になります。

また、車の駐車スペース込みなのかどうか?なども掲載してもらえると利用者が分かりやすいです。

オートサイト、フリーサイト、コテージなど詳細を掲載します。

 

設備

トイレ

キャンプ場の設備の掲載も重要で、トイレの情報が重要です。

和式なのか?様式なのか?水洗なのか?サイトからどれくらい離れているのか?なども重要な情報になります。

もちろん、水道、洗い場などの情報も重要です。

飲める水なのか?飲めない水なのか?利用者へ情報を発信するのがホームページの役目です。

 

禁止事項

アウトドアブームという事もあり、キャンプ初心者がキャンプ場を利用することも多くなっています。

キャンプ場内での禁止事項を細かく掲載していきます。

例えば、直火禁止なのかOKなのか?

ドローンの飛行はOKなのか?禁止なのか?

ペットの同伴は可能なのか?など様々な禁止事項があると思います。

まずは他サイトの禁止事項をチェックして、自社キャンプ場でしてもらっては困る事を掲載しましょう。

 

Q&A

Q&Aはキャンプ場を利用される方に問い合わせられる質問事項をまとめたものです。

 

アクセス

地図アプリ

キャンプ場までのアクセス情報も必要です。

グーグルマップの掲載や、現地までわかりにくい道があれば写真入りで紹介しましょう。

 

自作する方法

学習塾のホームページは自作も可能です。

ホームページの自作は安上がりですが、ノウハウやある程度ホームページに関する知識がないと作成できません。

自作してみたい方は下記の記事をご覧ください。

手軽に作成できるホームページ作成サービスまとめ

 

 

作成依頼

キャンプ場のホームページの作成を承ります。

年間1万円の維持管理費を頂きますが、満足いただけるホームページを作成できるように心がけます。

ホームページ作成についての詳細はトップページをご覧ください。

また、ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。